カナガンドッグフードの悪評は本当?。徹底リサーチしてあぶりだしてみました。

カナガンドッグフードのなぜ悪評があるの?

毎日与えるドッグフードは愛犬の健康にとって、
とても大切なものです。


愛する大切な愛犬が元気に少しでも長い時間を共に
長生きしてくれることは、飼い主さんにとって
この上ない幸せなことではないでしょうか?

大切な愛犬をおもい、よりよいドッグフードを与えたいということは、
当然な愛情でしょう。

今、注目のグレインフリーのカナガンドッグフード。
注目なだけに、悪評を時々見かけます。
本当によいドッグフードなのでしょうか?
よりよいドッグフードを与えたい考えている飼い主さんにむけて、
徹底リサーチしてみました。




カナガンドッグフードの口コミの結果です。

カナガンドッグフードの口コミを徹底的にしらべてみました
その結果、いかの5点に絞られました。

悪い口コミ

・食べない
・ドッグフードがくさい
・うんちが臭くなった
・お腹をこわした(下痢をした)
・涙焼けをおこした
・太った
・値段が高い


では、よい口コミとしては
・食いつきがよい
・便の調子がよくなった
・毛並みがよくなった
・涙焼けがよくなった
・元気に飛び回っている。

悪い口コミとよい口コミを比べてみると、
まったく対極なんです。

カナガンドッグフードを食べない

・食べない・食いつきが悪い

犬の嗅覚はとても優れていて、人の100倍と言われています。
ヒトにも判断できないにおいを感じとっているのだと思います。
ドッグフードをかえた時に、このにおいを感じ取り
「嫌い」「苦手」を決めているのではないでしょうか?

また、ご飯が変わったことで慎重になる犬種も、最初は食べないかもしれません。
もちろん、同じ犬種でも個々の性格はちがいますので、
「食の好み」はあるかとおもいます。

ヒトと同様にわんちゃんも「好き嫌いがある」のは当然ではないでしょうか?

食いつきが悪くても、健康のためにカナガンドッグフードを与えたい飼い主さんは、
お湯でふやかして、やわらかくして与えるのもよい方法です。

お湯の水分が気になる方は、いったんお湯か水をかけ少しやわらかくなったところで、
ラップをしてチン。
粒をつぶしてやわらかくして与える。

レンジを使うことで、お部屋にドッグフードのにおいがただようかもしれませんが、
こういった方法が有効かもしれません。


カナガンドッグフードはくさい?

・ドッグフードがくさい
・うんちがくさい

どのドッグフードも特有なにおいがしますね。
私も長く犬と暮らしていますので、
ドッグフードは人からみて、おいしそうなよいにおいではないですね。

カナガンドッグフードに対しても、
他のドッグフードと変わらないとおっしゃる方もおおかったです。
飼い主さんにより千差万別ですね。

便がくさい
ドッグフードを切り替えると、それまであたえていたドッグフードと原料がちがうわけです。
そのため、うんちのにおいを変わるのも当然といえば当然でしょう。

カナガンドッグフードは、生の贅沢な鶏肉を使っています。
たんぱく質が多めのフードなので、便のにおいが変わることもある意味当然といえるでしょう。

カナガンドッグフードでお腹をこわした、涙焼けをおこした

・食いつきはよかったのですが、うんちがゆるくなった。下痢をした

〇ドッグフードを切り替えたことが原因
単純に「今まで食べたことのないものを食べた」
ことで、一時的にうんちがゆるくなったり、下痢をすることもあります。
人でも「食べなれないものを食べて、お腹がびっくりした」ということはありますよね。

この場合は深刻なものではないですが、
やはり心配ですよね。
多少なりとも、胃腸に負担をかけていることになります。

なるべく愛犬の体に負担をかけないように、
今までのドッグフードに少量ずつ混ぜて、
少しずつ、カナガンドッグフードに切り替えていくことが必要です。

これは、カナガンドッグフードに限らず、ほかのドッグフードでも同様です。

〇アレルギーが原因の場合
犬も人間と同様にアレルギーをもった子もいます。
他のドッグフードと同様にですが、
カナガンドッグフードがどんなによいドッグフードでも、
愛犬がアレルギーをおこす物質が配合されている場合、
涙焼けの症状と同様に与えるのは控えたほうがよいです。








カナガンドッグフードで太った?

カナガンドッグフードは、主原料がチキンです。
高蛋白質・低炭水化物です。


一日の適正な量をはかり
愛犬に必要な量を与えることがたいせつです。

カナガンドッグフードは、値段が高い。

たしかに市販されているドッグフードよりは、
お値段が高いのは否定できません。

しかしながら、安価がドッグーフードは原料を見てみると
量を増やすために、穀物を大量に配合されていたり、
なんの肉がわからない表示であったり(〇〇ミール等)、
添加物がふんだんにしようされていたり。
安価なドッグフードは、こういった原料でカサをふやしているわけですね。

安価なほうがお手頃かもしれませんが、
愛犬の健康を考えると、与えることがよいとはおもえません。

カナガンドッグフードは、主原料のチキンをはじめ、
サツマイモ、海藻、ハーブ(マリーゴールド、クランベリー、カモミール)が原料です。

高蛋白質、低炭水化物で愛犬のために理想的な配合をされています。




 

サイトマップ